飯坂温泉で考える

福島市で仕事。
翌日の予定がキャンセルになってしまったので、久しぶりに飯坂温泉に足を延ばすことにした。

前職では全国を飛び回ることが多く、山形新幹線との分岐点、広い福島県内の拠点として、
飯坂温泉に宿泊することが多かった。
交通の利便性だけ言えば、郡山市に分がありそうなのだが、
松尾芭蕉もやってきた温泉の質
は、ここにしかない。

福島交通飯坂線に揺られて30分弱。
夜の飯坂の町に到着。

IMG_8561

数年ぶりだったのだが、さらに寂れてしまった感じがする。
川沿いのホテルは真っ暗で、半分近くはすでに廃業している実感。

IMG_8565
ホテル聚楽のネオンだけが対象的にきらびやか。
射的が一軒空いていたが、お客はいない。
真新しい共同浴場だけが妙に明るい。

日曜日の夜ではない
今日は、金曜日の夜だ
にもかかわらず、飲食店は、ホテルでもらった営業時間など守らず、
とっとと閉店している。
「それだけ客がいない」
ということなのかもしれない。
しかも、それが恒常化してしまっているのだろう。
そもそも、湯の町にありがちな
「浴衣で歩く人々の姿が全くない」
という違和感。

今回お世話になった伊勢屋さん。
一度休業したようだが、食事を出さない宿泊オンリーということで、最近復活したようだった。
「自家源泉のお湯の良さ」
という強みを前面に出して、再建を進めているようだ。

となると大事なのは食事。
前述の通り店は限られる。

翌朝は、雨だった。
朝ごはんも、この宿にはない。
地図でカフェを探した。
目に入った「カフェひらがな」
600円のブレクファストプレート。
コーヒーも美味しかった。

IMG_8575

お湯の良さに、食事がしっかりプラスされると、幸福な感じになる
宿だけではなく、地域トータルで議論すれば、まだ、解決策はあるのではないだろうか?
とふと、この朝食を食べていて感じた。

福島駅から往復して1時間
しかも、福島駅から仙台駅は新幹線で20分に過ぎない
お湯では、まちがいなく、福島駅前や仙台のビジネスホテル群よりも勝っているだろう。

足利銀行の破綻で冷え切った「鬼怒川温泉」
東日本大震災の風評の影響を受けた「飯坂温泉」、会津の「東山温泉」、「芦ノ牧温泉」
破綻や風評が引き金になってしまったことは、事実のように思うが、
「そもそも、市場ニーズと違ってしまった」
というのが、事の本質。

となると、これからのニーズに対応していくしか生きる道はない。

飯坂温泉は、いわゆる歓楽温泉街の中では、交通利便性が高いと思う。
何から、対応策はないものだろうか。
と考える週末。