地方活性化について考えたこと

日曜日は、丸一日、地方活性化について籠って打ち合わせをしていた。
ランチには、美味しいハンバーガーで活力をつけた。
IMG_8059
幾つかのキーワードが出てきた。

  • 役所の組織は縦割り。連携が必要な時代になると、どうしても横軸を整える組織が薄いのは痛い。
  • 民間側のキーパーソンがいないと進まない。人のインキュベーションには相当な時間がかかる。
  • インキュベーションには相当な時間がかかる。まずは「やる気がある人」に対するノウハウ強化が先ではないのか。
  • 県境にある自治体は、隣の県の自治体と組むのは難しい。そういう、「勝手に決めてしまった物事の境界」というものが無数にある。
  • 進めようとしても、関係者の根回しなどをやっているうちに、数年が経過してしまう。だから、結局、やる前から「やっても無駄」という結論になったりする。
  • 複数の団体がまとまれば、生産性も上がるのに、「他人のためになぜ私が」という「自分のための部分最適を求める」という流れが、官民共高い。
  • 誰でも口出しができそうな施策は、やたら評論家が増えるので、結局進まない。教育などは、そういう例じゃないか。そもそも、他の企業人生を歩んだことがない教師が、本当に進路指導ができるのだろうか?
  • 撤退戦ができない。止めることもとても大切なのだが。止めることで、新たなことに挑戦できる余裕ができる。
  • RESASなどで、地域のエビデンスを見ておくことは大事だな。

ちなみに、今回の打ち合わせは、
「こう言う現状を打破すべく、先に進もう」
というものだったので、念のため。