イベントとは何か?

image夏。
そこらじゅうでイベントの嵐。
そういう自分も、イベントの主催をやったりして、「イベントとは何か?」を考えるきっかけとなる夏に。

例えば、夏祭り。
そもそもは地元の人々が楽しむもの、だったのでしょうけど、地元以外から人を呼び込む場、になっている場合も少なくありません。

じゃ、何のために集めるのか。。。
人がたくさん来ていただければ、消費は上がります。
でも、所詮一過性。出店などは必ずしも地元ではなかったりする。
江戸時代、出雲大社は富くじの販売と抽選まで数日を置き、滞在を長くすることで、金が落ちる構造を作り、富くじの収益と合わせて、経済を活性化したと言います。

となると、大切なのは

  1. まずは、町の「志」
  2. そして集めるための手段としてのイベント
  3. それを実現するための事業性

あたりなんじゃないか、という当たり前のことを考えたりします。

ブランドについての自分のバイブル「岡道康、吉田望共著の「ブランド」」には
CMは企業(経営者)の「志」を伝えるもの。芸能人を使うことが目的化するのはおかしい
といった趣旨のことが書かれています。

イベントも同じかなと。。。