再生の分岐点

町が過疎から廃村に向かうのか、V字回復とはいかないものの、人口オーナス期になんとか人口を維持して町が生き続けられるのか。。。

島根県江津市。

「一度行ってみて」と誘われて訪れたのだが、一度行ったら、また帰りたくなった町。

人口25000人の今がラストチャンスだ、と思ったと、皆が口々に言う。

実は、人口が25000人以下になっていたら復活のチャンスがないとは思わない。

大切なのは「ラストチャンスだ」と危機感を持つことなのではないか。それを明確に数字で意識できているくらいに感じているところがさすがだ。

まちひとしごとで義務的に作成したかもしれない「人口推計」では、こうはならない。