地域の個性の発揮で、日本の未来を創ろう

西会津国際芸術村のご紹介

お知らせ

西会津国際芸術村のご紹介

「会津」というと、福島県の一部という印象が多いと思います。 この会津、実は、「東京都の2倍強の広さがある」こと、ご存知でし ...
【対談】「農業女子」という働き方(後編)

事例の紹介

【対談】「農業女子」という働き方(後編)

岩崎:岩崎 麻佐子さん(女性未来農業創造研究会 理事/株式会社三陽商会 経営統括本部 経営企画部 担当課長) 澤 :澤 尚 ...
雑感(いつから自前主義になったのか?)

コラム

雑感(いつから自前主義になったのか?)

シェアリングエコノミーが広がりつつある。 目新しい感じがするけれど、 「別の新しくないな」 と最近思う。 30年前の大学時 ...
TOPへ

CONTACT お問い合わせ

お問い合わせフォーム

すべて必須です
組織・団体名※
部署名
役職
お名前※  姓  名
ふりがな※ せい めい
郵便番号(半角)※ -
都道府県※
市区町村以下※
メールアドレス(半角)※
電話番号(半角)※ - -
お問い合わせ内容※
TOPへ
(c) Community Future Design

Consulting コンサルティング

地方活性化のためのプロセスについて助言を行います。
設立趣旨に伴い、答えの提案ではなく、答えを見つけていただくためのサポートに徹します。フューチャーセンターなど、地元の方々の意見をファシリテートすることで、答えを見つけていく法です。

Traning & Seminar 研修・セミナー

地方活性化の取組の実例紹介、実際に取組をされている方からの講演など、具体的な研修やセミナーを定期的に開催しています。(なお、気軽に参加していただくために、遠隔地からもテレワークなどにの方法で、ご参加いただける方法も検討していきます。)
また、取組地域に実際に訪問し、活性化の取組を肌で感じていただくためのツアーも随時開催いたします。
なお、代表理事、サポーターチームなどのプロフェッショナルによる講演やセミナーのご要望にもお応えいたします。

Website ウェブサイト構築

地方自治体のWEBサイトはあまたありますが、地域住民への情報提供に始終していることが少なからず見られます。せっかくWEBサイトを作って地域を活性化しようとするなら、地域住民だけではなく、できるかぎり多くの人に見てもらいたいものです。また、地域の住民にも我が街の良さを改めて感じて、発見してもらえるようなWEBサイトでありたいものです。私たちCFDでは、各種自治体にマッチしたWEB開発チームを編成し、徹底した取材と最適化を行い、人を呼ぶWEBサイトを構築します。
また、気軽に低価格で情報発信をするために、ブログを中心としたサービスを提供し、その一部をプロが編集して、情報発信をする、という仕組みもご提供します。

Overview 協会概要

ここ10年ほど、日本各地に出かけると
「どこも同じような看板が並んでいるな」
「個人経営のいい店がなくなったな」
そう感じることが増えていきました。

均質化、グローバル化。
利便性や低コストを追求した結果とも言えますが、個性のない街は「ツマラナイ」、そう感じることもしばしばです。

地方から東京に出てきた自分には、それを批判する資格はないのだ、と思いつつも、
「グローバリズムから、ローカリズムに転換できないものか」
「多様な社会こそ楽しいのではないか、強い国の基本になるのではないか」
といった思いがふつふつと湧いてきました。

今、人口減少、高齢化への対策、その掛け声のもと「地方創生」が政策に掲げられ、推進されています。地方の個性が尊ばれ、ローカリズムへの回帰と捉えることもできます。
ただ、このブームが過ぎた先にこそ本当の意味で「地元」が試される時代が来るように思えてなりません。

私たちは、
「地元をなんとかしたいと思っている、地元の人を探し出すこと」
「その人々の、自らの力で地方活性化をしよう、という気持ちをサポートすること」
「それを、なるべく簡単で、気軽な形で行うこと」
「我々が答えを提供するのではなく、自ら考え、自分たちのコトとして捉え、実行してもらうことを目標とすること」
「そのために、一人だけで抱え込まず、人々の交流「+」と、その掛け算「×」から新しい価値を創り出すこと」
「そして、事業として成立し、持続的に事業が継続すること」 が実現できないものか、と思い、産声をあげました。
外からの地方の「創生」ではなく、地元の人が地元の「活性化」を自らの行う、その「自立」のためのサポートをするのが我々の目標です。

ぜひ、地元を良くしたいと思い、自ら動こうとしている方、気軽に声をかけてください。
あるいは、多様な日本を作るために、自分の知識でちょっとばかりサポートしたいと思っている方、ぜひ、我々の仲間になってください。

多様で力強い日本を作り、未来につなげるために。

What We Do 主な活動

1)地方活性化のためのセミナーの開催
2)地方活性化のためのツアーの企画・開催
  活動内容は、お知らせ事例の紹介コラムをご覧ください
3)地方活性化の取組の情報発信・情報提供
  ① 愛媛県宇和島市蒋渕地区での取組
  ② 福島県猪苗代町での取組
  ③ その他リンク(北見市・斜里町でのふるさとテレワーク事業の取組)(その後を追跡)

Organizational Structure 組織構成

代表理事 澤 尚幸

代表理事 澤 尚幸

三重県生まれ。1991年3月東京大学理学部数学科卒業。同年郵政省に入省し、総務省への省庁再編、郵政三事業、特に金融分野の経営計画、財務、営業、業務、システムなどに幅広く関わり、郵政公社化、民営化に関わる。仕事のスタイルは「現場主義」。24000ある郵便局の「現場」にこだわる中で、人の活力の発揮、そして、地方の面白さと多様性こそ、日本のあるべき姿と考えるようになる。日本郵便株式会社の経営企画部長を最後に退社。
2016年。福島県に本社のあるゼビオグループに入社。会津というフィールドで、より深い地方活性化の実践を行っている。
大学以来、伴奏ピアニストとしての活動も行っており、人生の多様性も実践中。
「正直であること」
がモットー。

猪苗代町地域振興アドバイザー
猪苗代町振興計画審議会委員
猪苗代町六次産業化地産地消推進審議会委員

本部・事務局

住所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-33 504号室
代表理事 澤 尚幸
事務局長 森 幸久

サポーターチーム

マーケティング、プロモーション、IT、地方財政・創生、CIなどの専門家の方々を、弊社のサポーターとしてご支援頂いています。
地方活性化にかかる講演、専門的見地からのご相談などを行います。
講演、調査などの費用などは、個別にご相談ください。

Supporters Team サポーターチーム

アイキューブ・コンサルティング 代表 岩崎 明 氏

アイキューブ・コンサルティング 代表 岩崎 明 氏

プロフィール

日本IBMにて長年金融機関担当のSE、ソリューション担当、管理職を歴任。
郵政民営化時に、専務執行役員CIOとして新会社のシステムを担当。
その後、シスコシステムズ(専務執行役員SE部門担当)を経てセールスフォース・ドットコムにてCCO(チーフカスタマーオフィサー)としてクラウドビジネスを推進。
昨年退職後、セールスフォース・ドットコムをはじめ数社の顧問あるいはアドバイザーとして活動中。

女性未来農業創造研究会 理事 岩崎 麻佐子 氏

アイキューブ・コンサルティング 代表 岩崎 明 氏

プロフィール

アパレル企業の新規事業服飾雑貨部を経て、花屋を経営。その傍ら輸入家電・靴・雑貨等のブランディングに関わる。
ケガを機に“花ならぬ野菜のブランディングを” という誘い文句がきっかけで食の業界に。
2011年日本サブウェイに入社、広報・CSR・ブランディングの責任者として“野菜の” サブウェイの認知に尽力する。
食育プランのメニュー策定、植物工場併設のブランド店舗立ち上げ、SNS活用の成功例としてCRMベストプラクティス賞受賞に導くなど多岐にわたった企画を実行。
現在は、女性未来農業創造研究会の理事として、女性ならではの感性と行動力が、日本の文化・人・地球を感じ・考え・守り・創造し・発信していくことにつなげていきたいと思い活動している。

株式会社DeNA 執行役員 大井 潤 氏

株式会社DeNA 執行役員 大井 潤 氏

プロフィール

1995年3月 東京大学法学部卒業
1995年4月 自治省/現総務省入省(札幌市、長野県等の地方勤務、国では主に地方財政を担当)
2012年7月 総務省退官
2013年4月 医療法人勤務を経て、㈱ディー・エヌ・エー入社
現在 執行役員 ヘルスケア事業部長 兼CHO室長 兼渉外部長
(株)DeNAライフサイエンス 代表取締役社長
DeSCヘルスケア㈱ 代表取締役社長

専門分野

ヘルスケアとITとのコラボレーション、地方財政・創生
札幌市勤務時代には、都市再生プロジェクト、長野県勤務時代には、ZAGAT長野版に取り組みました。

有限会社ハビタス代表取締役 森 幸久 氏

有限会社ハビタス代表取締役 森 幸久 氏

プロフィール

三重県生まれ 早稲田大学在学中、フランスに留学、後に法政大学文学部大学院哲学科卒業。
2002年、有限会社ハビタスを設立しWEBサイト構築、WEBビジネスのコンサルティングに携わる。
2006年ビジネスの傍ら、早稲田大学交域哲学研究所客員研究員となり多少哲学者にもなる。